英語コース / 高校生

 

個別高校英語コース

個別-高1, 高2, 高3(α-推薦コース, β-一般受験コース共通)

高校英語コースでも、日々の授業の目標をしっかり定め進んでいきます。

高1,2-Aコース

このコースはクラスまたは学年の平均を意識して、その平均点をしっかり超えていくことを目指すコースです。

〈コース詳細〉

このコースは「文法力と基礎単語力・構文読解力の完成」を中心に、中1~高2に学習する基礎英語を確実に習得するためのコースです。

基礎英語のレベルでどこかにつまづきがあるなら、その部分を確実にして、基礎力を完成させるべきです。

このコースでもクラスで平均点を超えると言う明確な目標を設定して、全力を挙げて目標を達成していきましょう。

※定期試験対策について;

このコースでは、高校2年までは基本的に定期試験対策も実施します。定期試験対策は定期試験前の1月前後を目安に実施します。1月と1週間前になったら、次の定期試験の試験範囲の日時と範囲の分かっている部分について、担当講師に申告し始めてください。

 

※各章ごとに確認テストがあります。この確認テストを90%以上の正答率で通過しないと、先には進めません。

個別-高1,2-Bコース

このコースはクラスまたは学年でトップクラス(クラスで3番以内、学年で5番以内など)を目指すことを設定して、学習計画を進めていきます。

漫然と塾通いを進めても、モチベーションに問題があると、成績の上昇に問題が生じます。

何のためにTブリッヂに通うのか、目標をはっきりと定め、その目標に向かって進んでいくように全力を挙げていきます。

個別-高-A,Bでの構文の学習について

個別-A,Bにはいづれにも「構文和訳」が入っています。長文読解の基本である下線部訳の演習にもなります。この授業では、単語・イディオム・構文・文構造についての詳細な分析テキストに基づき、単語力・イディオム力・構文力・文構造への理解力をアップしていきます。また、構文読解の理解と定着度を見る確認テストが、1ページごとについてきます。これに合格しないと、先へは進めません。

 
グリッド

高校用講義授業コース解説

グループ-高校1,2-A
単語力ビルドアップ-基礎

個別-高校-A,Bコースとは別に、中学~高校基礎級の単語力が無い皆さん用に、基礎単語力を作り上げる特別コースです。

このコースは講義授業によるグループコースのみで実施しています。

目標は、単語力アップ・長文読解力アップ・リスニング力アップです。

グループ-高校1,2-B
リスニング特講

高1,2年用の基礎リスニング講座はグループ学習でのみ実施しています。

音の省略・変化の構造をしっかり学習し、Nativeの発音をしっかり真似て、その通りに発声することを目指します。

合わせて、単語・イディオム・構文などの習得を行います。

グループ-高校1,2-C
英作文力ビルドアップコース

英作文力はA,Bの両コースでもしっかり養成できるようになっていますが、時間に限りがあるため、徹底した英作文の授業を望む皆さんには物足りないものがあるかもしれません。

高校2年生対象に「グループ特講英作文コース」を選択することができます。

このコースでは、①日本語→英語 ②自由英作文についての特別コースです。

※このコースに参加するには、単語力・イディオム力・文法力について、「基礎コース」が終了しているか、ほぼ終了していることが必要条件になります。

 

大学受験コース

個別コース

H2秋~H3

個別-受験-A-α

個別コースによるTブリッヂ学院の受験基本コース。

Aは「文法演習+構文和訳演習+単語力アップ」を目指すコースです。

英文法力を中心にした英語力を受験レベルに上げたい方に最適なコースです。

※文法力のない方は、このコースを受講して下さい。

個別-受験-B-α

受験文法力に自信がある皆さんに最適。長文読解を中心に受験指導を行うコースです。

Bでは「長文読解演習+構文和訳演習」+単語力アップ」を個別で指導するコースです。

※(注意)このコースでの長文読解演習は、実力のない方向きではなく、むしろある程度実力があって、さらに自力で受験長文読解力を万全にしようと考えている方向きです。

従って、これから受験用に長文読解力を養成しようと考えている方は、グループ学習の「受験長文読解講座」を選択してください。

個別-受験-A-β

指定校推薦で受験をする皆さん用のコースです。指定校推薦は定期試験を通じた内申の成績が絶対条件になります。

そのため、高3になっても高校の成績(定期試験と実力テストの成績)を推薦に必要なレベルに上げるためのテスト対策を中心に授業や教材内容を組み立てていくコースです。

個別-受験-A-βは「文法力+構文力+単語力」を基礎力養成の中心において、学習の中心を定期試験や実力テスト対策とするコースです。

基礎力が不足気味の皆さんはこちらのコースを選択してください。

また、長文読解も対策したい皆さんは、次の個別-受験-B-βのコースも同時に選択可能です。

その場合、皆さんの実力に合わせて、長文読解のレベルを調節しながら、指導内容を決定していきます。

個別-受験-B-β

​指定校推薦で受験をする皆さん用のコースです。指定校推薦は定期試験を通じた内申の成績が絶対条件になります。

そのため、高3になっても高校の成績(定期試験と実力テストの成績)を推薦に必要なレベルに上げるためのテスト対策を中心に授業や教材内容を組み立てていくコースです。

個別-受験-B-βは「長文読解+構文力+単語力」を指導の中心として、指導のポイントを定期試験や実力テスト対策に置いたコースです。

このコースを選択するには、文法力が一定以上のレベルにあることを認められることが必要です。

※個別-受験-A-β(文法を中心とした個別指導)も同時に選択することも可能です。

その場合には、無駄が無いように文法力を調査し、高い文法力の一層のレベルアップが図れるレベルから指導していきます。

〈コース詳細〉

このコースは「クラスまたは学年でいつまでに何番以内」と目標を設定するコースです。

この目標設定を甘く見てはいけません。

目標を設定することで、今後のあなたの学習意欲やテストへの態度が一変する可能性があります。

常に目標を忘れずに頑張っていきましょう。

このコースの皆さんは、文法力が一定の水準以上と認められた生徒です。

また、文法を中心とした個人指導ではなく、長文読解を中心とした個人指導コースである点が個別-高-Aと違います。

 
グリッド

グループコース

グループ受験単語力ビルドアップ ‐対象:H2秋~H3

受験レベルの単語力の増強に自信がない皆さんへの画期的なビルドアップコース。このコースでは、受験レベルの単語力・熟語力の増強と長文読解力・リスニング力の増強を同時にはかり、単語の記憶力に自信のない人、単語の記憶で何度も挫折した人、さらに長文読解力に自信がない人やリスニング力に自信がない人には、またとない一石四鳥のコースです。4つのうちどれかに自信のない方はご参加ください。

グループ受験長文読解高3講座

高3直前の3月から始まる長文読解を中心とした総合英語講座です。

長文読解は、単語や熟語、文法や構文の知識がないと思うように力は延びませんが、それだけでも伸びないのです。

英語の長文読解に隠された、文法解説書や単語集には決して書かれない英文の構造と読解の秘訣、またそれに秘訣に基づいて作成される問題の意味とその対処法を丁寧に解説することによって、長文読解力を劇的にアップさせるコースです。

このコースでは長文読解の他に、力がついて来たら、英作文も演習していきます。まずは3,4カ月の間は長文読解の研究に集中しましょう。

このコースでは、採点を通じて一人一人の、英語の様々な弱点が見えてきます。

その弱点をどのように乗り越えていくかを一人一人の生徒に助言や指示を出していくことになります。

グループ長文読解高2講座

高2秋からの、受験をにらんだ長文読解講座です。この講座は長文読解とリスニング力の向上、単語・イディオム力の増強を目指す総合英語講座です。

※Tブリッヂ学院では、全てのコースの全ての授業内容に確認テストが用意されています。

確認テストは、一回一回の授業内容の完全理解と完全定着を目指して、しっかりとした目的意識を持って受けてください。

かならず成績が上昇していきます。

(「Belief and Practice」が成績向上のエネルギーになります!)

​グループ文法特講コース

文法力に問題がある皆さん用のグループ形式の授業です。

体系的にもう一度文法の授業を受けたい皆さんにお勧めです。

以下のようにレベル別になっています。

J1:中1用文法特講

J2:中学レベルの英文法

H:高1・2レベルの英文法

E:大学受験レベルの英文法

文法については、個別指導でもしっかり学習していきますが、体系的に縦と横を繋ぎ合わせるような全体像を知るには時間が細切れになってしまいます。

スピーディーに全体像を知るためには、グループ指導形態の文法講座にも利点がたくさんあります。

あまりにも文法力が無さすぎる皆さんは是非このコースで英文法力をビルドアップしてください。

※このコースでは、演習は説明に必要な最小限に留めて、解説を重視し、スピードを図るようにしています。

しっかりした演習は個別指導があるので、そちらと連携して実力を伸ばすことができると考えているためです。

個別-Aコースが最適な、文法力がまだない皆さんが、個別-Aコース抜きでこのコースを選択することはできません。

個別-Bコースが最適と認められる皆さんは、グループ文法特講コースの各コースのみを選択することができます。

詳しくは担当の講師にお尋ねください。

グループ受験構文特別演習高3講座

高3生用の講座です。

構文力ビルドアップ+リスニング力ビルドアップを狙ったコース。

この講座では、構文を含む短い文を使って、構文力を養成していく講座です。

同時に、リスニング力も養成する講座です。

理解と定着に様々な知力を総動員して学習していきます。

グループ構文特別演習高2講座

 高2生用の講座です。高2の春と秋にスタートする半年の講座です。

構文の基礎力修得を目指すコースです。

同時に、単語・熟語・文法関連事項の理解と定着を図る講座です。

グループ共通テスト対策リスニング講座 ‐週1回、2時間

受験リスニング講座は5月からスタートします。

]リスニング講座はレベルごとに以下の4つのレベルに分かれています。

1st term: 5,6,7月…Basic Levelコース

発音の基礎理論を習得するコース

2nd term: 8,9,10,11月半ばまで…Advanced Levelコース

応用力の基礎を習得するためのコース

3rd term:11月半ばから1月初旬…共通テストリスニング対策コース

共通テストレベルでのリスニング力を習得するためのコース

グループ国立二次対策特区リスニング講座

グループ共通テスト対策リスニング講座が終了した後に、 1月中旬からグループ国立二次対策特区リスニング講座が連続して始まります。

グループ共通テスト対策リスニング講座に出席していなかった方は、グループ共通テスト対策リスニング講座を終了したのと同等の実力を持っていないと付いていけません。

グループ国立二次対策特区リスニング講座のみに出席を希望する方は、実力判定テストを受ける必要があります。

グループ国立二次対策特区リスニング講座では基礎力の養成はいたしません。時間が無いからです。

できれば、グループ共通テスト対策リスニング講座から連続して出席しておくようお願いいたします。

グループ受験英作文ビルドアップコース

基礎英作文力→基本力をふまえた応用英作文力と、1つの項目を2段構えで指導しつつ授業を進めていきます。

このコースでは、前半に「和文→英作」に十分な時間をかけて基礎力の養成に努めていきます。

後半は、自由英作文の基礎力を養成した上で、必要に応じて、超大英作文と自由英作文を丁寧に添削しながら、英語の基本を踏まえた、減点されない英作文の作成を指導していきます。

※受験生用の英作文の演習は、受験長文読解にも途中から課題が含まれております。このコースは、受験での英作文のウェイトが大きいときに、実力が明らかに不足しており、かつ長文読解演習に含まれる英作文演習以外では自力で英作文力を伸ばすことができない方にお勧めです。

※個別-高-Aとの違いは;

個別-高-Aは「文法+構文読解+自宅での単語力の養成努力のチェック」を中心としたコースですが、個別-高-Bは「長文読解+構文読解+自宅での単語力の養成努力のチェック」を中心としたコースです。

文法力が無い皆さんは個別-高-Aをとってください。文法力のある皆さんは、個別-高-Bをとることができます。

※個別-高-Bでも、定期試験対策を実施しています。このレベルの皆さんは、既に自分の試験勉強スタイルを持っていることと思います。せっかく軌道に乗っている勉強方法を全面的に当学院にゆだねるのでは、調子が狂うこともあるでしょう。自分が試験勉強で不足していたり、疑問に思っている項目についてアドバイスと教材の作成のお手伝いをします。試験対策についてしっかりした面接を行ったうえで、どのような協力体制が作れるか、作ってほしいのかを詰めていきましょう。目標を達成するためには何でも協力します。2人3脚で頑張って行きましょう。

数学コース

 
グリッド
グリッド
Point1. 「理解」

学校や大手塾で伸び悩んでいる原因の多くは、授業に出席し、講義を聞いて、ノートを写すことで「分かったつもり」になってしまう事にあります。また、せっかく「理解」した事であっても、結局はそれを覚えなければ自分の知識として活用する事は出来ません。当学院では、生徒の表情の変化を見ながらマンツーマンで解説し、実際に自らの手で問題を解かせる事で、一人ひとりの「理解」を徹底します。また「理解」した事の中から何を覚えるべきかを明らかにして、一人ひとりの「理解+暗記」を徹底します。

  • レベルチェックテストにより個々のつまずいた分野から再スタート

  • 一人ひとりが理解し、出来るまで繰り返す、マンツーマン解説 + 個別演習

  • 単元ごとの確認テストで理解度を点検し、「分かったつもり」をその場で解消

  • 「理解」の後に覚えるべき事を整理し、一人ひとりが正確に「暗記」するまでを徹底

グリッド
グリッド
Point2. 「演習」
グリッド

「理解」した事を問題に適用できるようにするには「演習」が不可欠で、理解する事以上に重要であり、理解する事以上に多くの時間を必要とします。しかし、闇雲に沢山の問題を解いたり、今の自分のレベルに合わない難しい問題に取り組む事は、多くの時間を無駄にするだけでなく、ストレスや不安や疑問を生みモチベーションの低下へとつながります。当学院では、本番までの限られた時間の中で最大限に成績を伸ばすために、一人ひとりに最適なレベルの「演習」から始め、目標に合わせて問題を選択・作成し「理解」+「演習」により、一人ひとりの「わかる」→「できる」を徹底します。

  • 全ての問題を自ら解き、間違った問題や疑問点をマンツーマンで解説

  • 基礎から標準までの典型問題を厳選し「良問演習」+「反復演習」の徹底

  • 「志望校別過去問演習 + 添削指導」により、記述力・難易度の見極め・得点力を強化 

  • 一人ひとりの弱点を記録・分析し、分野ごとに「自分専用問題集」を作成

グリッド
グリッド
Point3. 「復習」
グリッド

学習の中で成績や合否に最も大きな影響を与える要因は「復習」にあります。学校や大手塾では「理解」と「演習」に時間を割かれ、最も重要となる「復習」は本人任せになり、同じ授業を受けてもどのように「復習」に取り組むかで大きく成績が異なります。当学院では、「理解」+「演習」の後に、間違った問題に対する取り組み方や復習の方法までを細かく指導し、授業ごとに復習用教材を作成し、復習確認テストを実施する事で、一人ひとりの「復習の習慣化」と「復習の継続」を徹底します。

  • 間違った問題を出来るまで繰り返すための「復習ノート」の作成方法を指導

  • 授業ごとに一人ひとりに復習用教材を作成し、家庭学習での復習と反復を徹底

  • 「復習ノート作成」 → 「復習プリント演習」 → 「1週間後の復習テスト」→ 「分野ごとの復習テスト」 により日々の復習の習慣化と継続を徹底

グリッド
グリッド
Point4. 「定着」
グリッド

「理解」 「演習」 「復習」 のいずれも一度で完璧になる事はありません。何度も反復する事で理解は深まり、暗記した内容を確実に再現できるようになります。そのためには、自分の完成度を見極め、学習計画をたてて実行し、それを継続する事が必要となります。当学院では、先へ進む学習だけでなく、定期的かつ頻繁に学習の定着度を確認し、弱点や忘れている部分を発見し、それらを次の学習内容に還元する事で一人ひとりの「定着」を徹底します。また、1週間ごとの学習計画と本番までの長期的な学習計画を作成し、進捗状況を毎週点検する事で一人ひとりの「学習マネジメント」を徹底します。

  • 合格点に達するまで確認テストを繰り返し、一人ひとりの「定着」を徹底

  • 「少人数制授業」では毎週の模擬テストを実施し、一人ひとりの定着度を確認 

  • 間違えた問題だけを集めた「自分専用確認テスト」で効果的に弱点補強

  • 次回までの復習内容と学習内容を明確にし、1週間ごとに学習計画を作成

​数学個別指導 授業の流れ

1

​前回の授業の復習テスト

​2

​公式・重要例題のマンツーマン解説

​3

​レベル別問題演習

​4​

​問題の解説 + ポイント整理 + 解き直し

​5

​間違えた問題を基に復習用教材を作成

​6

​次回までの学習計画を作成

中学生コース

​◆ 高校受験対策(私立・都立・国立)
​◆ 国立内部入試対策(定期テスト対策+内部入試対策)
​◆ 中高一貫校コース(定期テスト対策+大学入試対策)

高校生・既卒生コース

◆ 大学受験対策(国公立・私立・医歯薬系・医療看護系)
​◆ 推薦・AO入試対策(内申点対策)
​◆ 私立内部進学受験対策(内申点対策+進学テスト対策)